存在感ならのぼり旗の色選びが勝負

のぼり旗はそれだけでも自然と目につく存在ですが、さらに目立たせる方法の1つにカラーがあります。旗全体や文字の色が周りと違うだけでも存在感がアップしますから、のぼり旗を作るうえで重要な要素の1つです。中でも自然界には無い蛍光色だと目立ってアピール力が増します。

屋外であれば風で動きが出るうえに日の光で輝きが増します。屋内でもより鮮やかな色ですから、遠くからでも目に付くので関心を集めるのに役立ちます。

ただ、一般的に街でよく見かけるのぼり旗は蛍光色は稀です。特殊な技術や特別な追加料金で高くなってしまうのではと、気軽に作れないを勘違いしてしまうことも多いようです。

しかし、のぼり旗づくりのプロに依頼すると、きれいな発色の旗が作れますし、色だけではなくデザインも妥協することなく作成してもらえますので安心です。布を専門に扱ってきている実績とスキルがあるので、できるだけ希望にそうように相談にのってくれます。

蛍光のぼりデザイン

だから世界で1つだけののぼり旗を作ることができますし、周りとは一味違う目立って記憶に残る旗でアピールができます。気軽に作れることはわかりましたが、制作に時間がかかっては欲しい時に間に合いません。どのくらいの納期が必要なのかもチェックしましょう。

注文から仕上がりまでの納期も無駄がないから安心

京都のれんでは制作過程の無駄を省いているので、スピーディーに納品すると評判です。大まかな流れですが、まずはデザインを原稿にする必要があります。

発注者側で既に原稿を仕上がっている場合は、そのまま提出してもらえば確認してから入金、製造に移ります。この場合は入金後から4日から5日以内には納品できます。ただ、原稿がラフ画であったり、京都のれんにお任せであれば、原稿を仕上げる期間が加わりますので、その分納期は後ろにズレます。

しかし、デザインが決まって入金が確認できてからは、制作期間は4日から5日以内には仕上げてくれます。のぼり旗の制作自体は短期間で済むので、使いたい日が決まっているなら、逆算して依頼するとより確実です。

蛍光のぼり

決めることが増えるのは色の選択の他にも、顔料と染料のどちらで蛍光色にするのかや、文字は後からインクジェットで加えるのかなどです。

これらによっても違いが出てくるので、詳しくわからない場合でも説明してくれますので安心です。多彩な方法が選べるので、より希望に近いのぼり旗に仕上がるようにアドバイスもくれますので、心強い専門家として味方になってくれます。周りとは差をつけるのぼり旗で、効果的に宣伝をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)