和風のお店におすすめののぼり旗の配色は?

宣伝に使用するのぼり旗は、店舗のイメージに
合わせたデザインにしなければいけません。春の催し

デザインが一般的なイメージと合致していると、
離れた場所から見たときに、どのような
店舗か分かります。

そのため、店舗から離れた場所にも、集客効果を
及ぼすことができるのです。

居酒屋やうどん・そば屋、和菓子店などの
和風の店舗も、のぼり旗のデザインは重要です。

和風の店舗に最適なのぼり旗のデザインは、
軽めより重厚さを押し出すと良いでしょう。

和風ならではの落ち着いた雰囲気のあるデザインなら、
一般的なイメージと大きく離れません。

具体的におすすめしたい配色は、黒や茶色、紫などの
濃いめの色です。目立つところ

黒や茶色といった濃い色は、赤や黄色、緑といった
明るく派手な配色に比べれば、一見すると
地味に映るかもしれません。

そのため、周りの風景に溶け込んでしまい、のぼり旗が
目立たないと思う人も多いでしょう。

しかし、濃いめの色は重厚感があり、のぼり旗を見た瞬間に
イメージするのは和風の店舗です。

のぼり旗と店舗のジャンルが合致するので、たとえば
和風の店舗で食事をしたい方に、効果的な宣伝を
行うことができます。

また、和風の重厚感を出すには、濃い色を使っただけでは
効果が薄いです。

のぼり旗の効果をより高めるためには、背景に黒や
茶色といった濃い色を使い、文字は白抜きの配色に
するのがおすすめです。

重厚感を醸し出しながら、文字を際立たせることが
できるので、のぼり旗の視認性をあげることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)