のぼり旗を交通安全対策に利用

ドライバーや歩行者のちょっとした不注意から、大事故につながることが少なくありません。

そこでのぼり旗を使ってドライバーや歩行者に注意を促す方法があります。

交通安全グッズはいろいろなものが出回っていますが、このグッズで一番人気があるのは、のぼり旗です。

そのことはのぼり旗を使えば、人々が安全運転や交通規則を守るという意識を高める効果があるからに他なりません。

交通安全に役立てる

普通のぼり旗と言えばイベント、開店セールなどの商業的な目的で使われることが多いですが、これを交通安全の注意を喚起させることに使い、人々の意識を高めようというのが狙いです。

注意を促すので、のぼり旗のデザインは確実に目立つようなカラーの組み合わせで、交通標識の図案やスローガンの文字を遠くからでもはっきり見えるように大きくすることが必然的です。

またのぼり旗を一か所に数本置いたほうが顕著になるので、交通事故防止には効果的です。

のぼりは上辺と長辺の二点を竿やポールで固定したものを言い、旗は一点だけを固定している点がのぼりと異なります。

のぼりの形は縦に長いのが特徴です。
また、のぼりは風になびきやすいように薄くて軽い繊維素材が使われることが多いです。

確かに風になびいて見やすくなれば、事故防止に一役かってくれることは間違いありません。

のぼり旗は気の緩みを引き締めるのに役立つ

カラフルなのぼり旗が何本も主な道路や幼稚園や小学校などの教育施設の近くに置いてあったら、それを見つけたドライバーや歩行者は、自分の気の緩みを引き締めることが可能となります。

このグッズの歴史は非常に古く、平安時代にはそのルーツは見られたようです。

戦国時代に武士同士の戦で、のぼりが登場してくるのをドラマや映画で見た人は多いはずです。
これは日本独自なもので、外国に見られないものですから、これも日本文化を象徴しているものの一つだと言えます。

伝統的なのぼり旗

外国人に誇っても、可笑しくないグッズです。
私たちは普段見慣れているが故に、特に何も感じなくなっているものが少なくありません。

外国人が見れば大変ユニークで興味をそそられるものがあり、のぼり旗もその一つです。
イベントや店の集客ばかりでなく、人々が交通規則を守るよう呼び掛けるためにどんどんこのグッズを利用してほしいです。

グッズも近年多様化していて個性的なデザインのものもあり、交通標識やスローガンのために使うのが惜しいくらいです。
どんなデザインのものにするかは業者と相談してから決めてください。

あなただけのオリジナル作品を作って、道路に設置しても楽しいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)