のぼり旗におすすめ!目に入りやすいフォントとは

のぼり旗を作るときには数種類のフォントから
好きなものを選べますが目に入りやすいフォントと
言えばゴシック体です。

ゴシック体とは横線も縦線も全て同じ太さで
文字のはらいの部分も細くならないのが特徴です。

かなり太い文字になりますので遠くからでも認識できます。

インパクトがありパワーあふれる書体ですので
目に入りやすさを重視するならのぼり旗のフォントに
ゴシック体を選ぶのがいいでしょう。

複数枚またゴシック体のフォントでのぼり旗を作るのには
大きなメリットがあります。

屋外でのぼり旗を使っていますと紫外線の影響により
文字が薄くなったり劣化することがありますが
ゴシック体の場合は劣化しても認識しやすいと
いうのがあります。

フェアですので長い間使えますしコスト的にも
お得なのです。

主に安売りをしているお店や
パチンコ屋などで使われることの
多い書体です。

庶民的な雰囲気があり、見るものに
安心感を与えてくれます。

それでは他の書体の場合は目に入りにくく
選ぶ価値が無いのかと言うと、そうでも
ありません。

例えば明朝体の場合は横線と縦線との太さが違いますが
かなり高級感のある雰囲気を出せますので、おしゃれな
お店ののぼりを出す場合にはいいイメージ戦略になります。

他にも筆文字でのぼりを作ることもできますが
手書きの風合いがいい味を出してくれます。

主に和食のお店などでのぼりを出す場合にはいいでしょう。

フォントを考えるときには業種なども考えて
選ぶことをおすすめします。