のぼり旗で感染注意喚起!うがいや2m離れてほしい旨を周知

のぼり旗設置で効果的で効率的な感染症対策

注意喚起に使う感染症の問題が今や社会全体の課題となっており、
日本の国だけではなく文字通り世界全体で立ち向かう
べき重要なリスクとなりました。

飲食店などを経営する方々も感染症対策の一環で
通常営業を自粛し、テイクアウト専門にビジネス
スタイルを切り替える動きが目立ってきています。

テイクアウト専門にすると、自然とお店の前に
行列ができます。

繁盛する飲食店の場合、行列はほぼ毎日自然発生
してしまい、いわゆるソーシャルディスタンスが
達成出来ません。

スタッフが並ぶ一般消費者へ、2m以上離れてと声掛けを
するのも良い方法です。

しかしお昼時などはスタッフの方々もフル回転、行列の人々に
声をかける暇はありません。

また、たとえ良い啓発活動の声掛けだったとしても、一般消費者に
向けて大きな声をかける事に抵抗を覚えるスタッフもいるかもしれません。

2m以上離れて、というメッセージを明記したのぼり旗を設置すれば
そのような心配は不要です。

のぼり旗をお店の周辺に複数設置すれば、自然と訪れた方々の視線に
入ります。

2m以上離れた上で行列を作ってくれるようになれば、店舗としても
リスクマネジメントがしやすくなりますし、混雑や顧客同士のトラブル
解消といった嬉しい副産物的メリットも得られます。

 

うがいや手洗いの大切さをのぼり旗でアピール

コロナ対策お店の前に設置するのぼり旗と言えば、お店のキャンペーンや
商品をアピールする物がポピュラーです。

企業の主目的は、サービスや物を販売して利益を得る事です。

ただ、現代の企業は純粋に利益の最大化だけを行う組織ではなく、
社会的責任を果たす組織でもあります。

いわゆるマーケティング用ののぼり旗だけではなく、うがいや
手洗いの大切さを啓発するのぼり旗を設置すれば、社会貢献活動
の達成に繋がるでしょう。

のぼり旗のアピール効果は想像以上に大きく、道を行き交う
不特定多数の人々にメッセージを伝えられます。

リスクマネジメントに熱心に取り組んでいるお店というPRができ、
飲食店やお惣菜店の場合、予防のためだけではなく食中毒予防の
啓発にも結び付きます。

社会状況の変化によりテイクアウトが中心になると、食中毒の
リスクが大きくなるのがネックです。

一年を通して比較的高温多湿な日本の国では、普段からうがいと
手洗いが大切です。

自社が製造と販売するお菓子やお弁当、お惣菜などをおいしく
安全に食べてもらうためにも、啓発メッセージをのぼり旗を通して
伝える事が肝心です。

のぼり旗なら低コストで新規設置が出来ますし、いわゆる社会状況が
落ち着いてきたら気兼ねなく撤去できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)